善玉菌の働き

善玉菌と悪玉菌の関係は?

私たちの体が健康的にいられるのは、体中の細胞が正常に働いていける状態になっているからだといえます。
私たちの体を守っていくうえで、大事な働きをしているのは、腸です。
腸は私たちの体に必要な栄養素を吸収し、いらないものを排出働きがあります。

なので、腸の働きが低下してしまうと、私たちの体に大きな影響を与えてしまいます。
日常的な便秘や下痢などの症状だけでなく、ガンなど直接死につながってしまう恐ろしい病気を引き起こしてしまうこともあります。
腸は常に元気で活発に働いているのが健康の証といえます。

そんな腸の中には、多くの細胞が存在しています。
その中で腸の働きに大きな影響を与えるのが、善玉菌と悪玉菌です。
どちらも一度は耳にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

しかしどのようなもので、私たちの体にどのような影響を与えるのかまで説明できる人は少ないです。
そんな善玉菌と悪玉菌の関係を知ることで、体の健康の保ち方が分かります。
まず善玉菌とは糖質を分解することで生まれるものです。

腸内を酸性化させ、悪玉菌の増加を抑制する働きがあります。
また腸を酸性化することで、強い殺菌効果が生まれます。
これにって体外から取り入れてしまった病原菌や感染系のウィルスを撃退することに繋がります。

それ以外には腸の栄養素を吸収しやすくしてくれたり、腸の動きを活発にしてくれます。
排便を促すことで、下痢や便秘にならないように働きます。
また発がん性物質を分解したり、ビタミンを作り出すことで腸内環境を整える働きがあります。

これらのことから腸内に善玉菌が多くある方が、健康的な体に繋がるといえます。
善玉菌に相反するのが悪玉菌の存在です。
悪玉菌は、肉などの動物性脂質やたんぱく質を分解する際に発生します。

悪玉菌が増殖すると腸内がアルカリ性になり、免疫力を低下させてしまいます。
また悪玉菌が増殖することで、アンモニア、フェノール、アミンなどの有害物質を生み出してしまいます。
これらの有害物質は、腸の壁を侵食しながら長い時間をかけてガンを引き起こしてしまうものもあります。

また腸を腐敗していってしまうため、免疫力が低下してしまいます。
そして肝臓などほかの臓器への負担も大きくなるため、体中に悪影響を与えてしまいます。
これらのことから悪玉菌の増殖を抑制することと、善玉菌を増やすということが健康維持には大事です。
善玉菌を増殖させるには、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌を摂取してあげることが必要になります。
乳酸菌には善玉菌を増やす以外にも、悪玉菌を抑制してくれるというはたらきもありますので、是非積極的に摂っていただきたいです。

このページの先頭へ