善玉菌の働き

善玉菌の働きと乳酸菌の関係

私たちの体は多くの細胞から成り立っています。
毎日が健康で生活できるのは、実は腸の働きが大きく関係しています。
腸は、体に必要な栄養素を吸収する場所でもあり、不必要になったものを排出する場所でもあります。

その吸収や排出に対して大きな役割をしているのが腸に含まれる多くの細菌です。
細菌は腸の中で、二つに分かれています。
それが善玉菌と悪玉菌の二つに分かれます。

中でも善玉菌は私たちの体が正常に働くためには不可欠なものです。
そしてその反対に、悪玉菌はたんぱく質を分解する際に発がん性物質等の有害物質を作り出します。
その有害物質が体に蓄積してしまうことで、ガンを発病したり、腸の壁を侵食し、肝臓などのほかの臓器にも悪影響を与える場合もあります。

近年に置いて日本人の食生活が欧米化したことでたんぱく質をとる食事が増え、悪玉菌が増えやすい体になってしまっています。
そんな増加しやすい菌を抑制してくれる働きがあるのが、善玉菌です。
善玉菌は私たちの体に侵入してきた病原菌などを撃退してくれる働きがあります。

また善玉菌が増殖することで悪玉菌を抑制することができます。
そのほかにも腸の動きを活発にしてくれるため、栄養素の吸収や排便がスムーズにおこなわれます。
最後に免疫力を高める効果があるので、体全体の健康維持に繋がります。

このように善玉菌の働きは私たちの体が健康でい続けるために必要なことばかりです。
そんな善玉菌を増殖する効果があるのが乳酸菌です。
さらに乳酸菌は善玉菌を増やすだけではなく、悪玉菌を抑制する働きもあります。

なので腸内環境を整えるためにも、一番適しているといえます。
今いろんな種類の乳酸菌が含まれた食品が発売されるようになりました。
それも、それぞれの乳酸菌によって効果が異なり、自分に必要だなと感じる要素が含まれた乳酸菌を選ぶこともできます。

例えば最近注目されている乳酸菌としてR-1乳酸菌は、免疫力が高まることで有名です。
特にインフルエンザウイルスを攻撃してくれる働きがあり、感染予防のために積極的に摂取したいという人が増えています。
そのほかにも便秘などに悩んでいる人には、ラブレ菌が腸の働きを活発にして、便通を良くしてくれる働きがあります。
また花粉症などのアレルギーの症状で悩んでいる人には、kw乳酸菌が含まれているものがお勧めです。
このように日常生活で悩んでいることに対して、適している乳酸菌を選ぶことできます。

このページの先頭へ