善玉菌の働き

乳酸菌でウィルス退治を

乳酸菌の種類はとても豊富で、多くの人が研究されています。
一番の特徴は善玉菌を多く持っているということです。
善玉菌は人間の体の腸の部分に存在している細菌の種類になります。

私たちの腸には善玉菌と悪玉菌のどちらかに分類される細菌がたくさん存在しています。
お互いがバランスよく存在していれば問題はさほどありません。
しかし悪玉菌の割合が多くなってしまうと、体のあらゆるところに支障が起きてしまいます。

なのでいかに腸の中の悪玉菌を抑制して、善玉菌を増やすのかということがとても重要になってきます。
また乳酸菌には種類ごとに特徴があります。
中でも最近注目されているのがウイルスに強い乳酸菌です。

ここ数年で一番需要が高まっているものといえば、R-1乳酸菌です。
正式名称は1073R-1乳酸菌といいます。
乳酸菌の種類のなかでブルガリア菌の一種といわれています。

注目された要因は、EPSという多糖体をおおく生産することができるため、免疫力を一気に向上させてくれる働きがあります。
特に冬の時期になると気温差や乾燥しているため多くのウィルスをもらいやすくなります。
特に風邪や一番脅威とも言われるインフルエンザの感染に注意が呼び掛けられます。
そのインフルエンザのウィルスを撃退する効果があることが分かりました。
なので多くのメディアがR-1に注目し取り上げたことで、認知度も一気に高まり需要が増えました。

店頭に発売してもすぐに売り切れて無くなってしまうといった現象もおきました。
実際、普段体調を崩しやすい人でも、元気に冬を越すことができたという人が多いです。
また同じような効果があるということで注目されつつある乳酸菌は、L-92乳酸菌です。

免疫細胞であるNK細胞を活発にさせる働きがあります。
NK細胞とは、体内にウイルスに感染した細胞を見つけ攻撃する性質を持っています。
なのでインフルエンザに感染した細胞を見つけ出し攻撃することが可能です。
ウィルス撃退してくれる乳酸菌の一つとしてこれからも研究が重ねられていきます。

このページの先頭へ