善玉菌の働き

腸内の健康維持に乳酸菌を

腸には無数の細菌が存在しています。
その細菌は大きく分けて、善玉菌と悪玉菌の2種類に分けることができます。
まず善玉菌は、腸にとってプラスに働く細菌です。

整腸作用があり、免疫力を高め、外部からのウイルスの撃退にも効果があります。
その反対に悪玉菌は、たんぱく質を分解する際に、多くの有害物質を生み出してしまいます。
その有害物質が腸の中に多く分泌されてしまうことで、腸内環境が悪化してしまいます。

すると腸の働きが鈍くなり消化不良や便秘が続くこともあります。
また有害物質の中には、発がん性がある物質もあり、大腸がんやそのほかのガンの原因となってしまいます。
このように腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスはとても重要で、特に善玉菌が増殖することで腸内環境はとてもよくなります。

そんな善玉菌を多く含んでいるのが乳酸菌です。
今乳酸菌に関する商品がスーパーなどでよく見かけるようになり体内に取り入れやすいくなっています。
しかしその反面、種類も多く数字やアルファベットで記されたものが多いのが特徴です。

なのでどの乳酸菌を摂取するのがいいのか迷ってしまう人も多いです。
そんな人は目的別に選ぶことが重要です。

今回は腸内の健康維持に効果がある種類を紹介したいと思います。

腸内の健康維持とは、腸の働きが活発で栄養素の吸収と排出がスムーズに行われることが最も重要です。
そんな働きがある種類として、L-55乳酸菌が効果的です。
悪玉菌や有害菌を抑制し、腸の運動を促進するため、腸内環境に優れた乳酸菌といえます。

そのほかにも元々体内にあるビフィズス菌という善玉菌を増やす効果がある、乳酸菌シロタ株がお勧めです。
腸の中の大腸菌が減少し、腸内環境を整えることで便秘の解消にも繋がります。

最後に植物性として、大豆から作られているラクテイス乳酸菌もお勧めです。

元々存在している乳酸菌を増やす効果があり整腸作用が期待できます。
中の乳酸菌を増やしたい人に需要が高まっています。
基本的にどの種類も腸内環境にはとても効果的なため、より効果が高いものを選択するといいでしょう。

このページの先頭へ