善玉菌の働き

乳酸菌が一番効率よくとれる食品は?

乳酸菌には多くの善玉菌が含まれています。
私たちの体の腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。
この二つの菌のバランスが崩れることで体調の変化や病気を引き起こしてしまいます。

悪玉菌が増加したり、善玉菌が減少してしまうと、腸内環境が悪化して免疫力が低下してしまいます。
乳酸菌には多くの善玉菌が含まれています。
なので免疫力をあげる働きがあり、丈夫な体を保つことができます。

また、私たちの体の健康を保つためにとても重要な働きをしています。
なので毎日の食でも積極的に摂取したい栄養素といえます。

そんな乳酸菌は大きく分けて二種類のタイプがあります。

まず一つ目は、動物性乳酸菌です。
動物性というと、ヨーグルトやチーズ、飲むヨーグルトなどの乳製品に含まれています。
乳酸酸金というと真っ先に思い浮かぶ商品なのではないでしょうか。
手軽にとることができますし、小さな子供から高齢者まで幅広い年代層に人気があります。

好き嫌いは多少ありますが、多くの人に好んで食べられる食品です。
乳酸菌の王道といってもいいでしょう。
今スーパーなどに行くとより摂取しやすいような商品がとても増えてきています。

例えばヨーグルト、飲むヨーグルト、チーズなどの食品の表示に、いろんな乳酸菌の名前が載っています。
そういった商品を定期的に取り入れることで体の免疫力があがったり、体の調子が良くなったと実感する人が多いです。
このようにより特定の乳酸菌を取り入れたい人にとっても効果的です。

便秘解消、インフルエンザ対策、アレルギー対策などそれぞれの効果が期待できる乳酸菌が異なります、
そういった種類を抑えたうえで購入する方法もいいでしょう。
ただし、アレルギー反応を起こす人や乳製品があまり好きではない人もいます。

そんな人には植物性乳酸菌がおすすめです。
植物性の多くは、発酵食品に最も含まれています。
例えば、日本人になじみのある漬物に多く含まれています。

また味噌にも豊富なので、毎日の食卓にみそ汁を添えるだけでも効果があります。
甘いものが苦手な人には、こういったもので代用するのもいいでしょう。
そのほかには、キムチやザーサイなどにも豊富に含まれています。

料理の中にも取り入れやすいので、積極的に摂取してみましょう。
乳酸菌は意外と身近な食品に含まれています。
毎日の食生活に取り入れることで、健康的な体を手に入れましょう。

このページの先頭へ