善玉菌の働き

発がん性物質に効果が期待できる乳酸菌

今日本人の死因第一位は、ガンといわれています。
4人に1人はガンになるというほど、高い確率でガンを発症させてしまっています。
その原因の一つに、食事や生活習慣などの変化があげられます。

日本人の昔の食事は、和食中心で野菜やお肉、お米などの主食がバランス良く食べられていました。
それが洋食中心になると、肉や脂肪分、糖分などが多い食生活へと変わってしまいました。
そんな食生活の変化で一番負担がかかるのが腸です。

腸では最終的に必要な栄養素を吸収し、いらないものを排出する役割があります。
その腸には数え切れないほどの細菌が繁殖しています。
その菌は、大きく分けて善玉菌と悪玉菌にわかれます。

この二つの菌がバランスよく体内あれば問題ありません。
しかし、最近の食事の欧米化により、肉などのたんぱく質を多くとるようになりました。
そのたんぱく質を分解するのが悪玉菌の働きで、分解すると同時に発がん性物質を排出してしまいます。

それによってガンはおきてしまいます。
なのでいかに悪玉菌を減らしていくということが大事になります。
乳酸菌は悪玉菌を抑制する働きがあり、さらには善玉菌を増やす効果があるので、ガンの予防に適しているといえます。

さらに乳酸菌の中には発がん性物質に効果がある種類もあります。
例えば、K-1株というお米から作られた乳酸菌があります。
こちらの種類はガン細胞など突然変異で出来上がった物質を除去する働きがあります。

それと同時にとても強い整腸作用があり、腸の免疫力をあげてくれます。
腸自体が強くなることで、免疫力も上がりガン細胞に強い腸へと変わっていきます。

また乳酸菌の特徴の一つである、免疫力アップがあります。
この作用は、ガン細胞を攻撃するNK細胞の動きを活発にすると考えられています。
なので発がん性物質に効果が期待できる乳酸菌といわれています。

このNK細胞を活発にさせる乳酸菌として、ラブレ菌やR-1乳酸菌などがあげられます。
これらが含まれているのは、飲むヨーグルトなどの飲料水として発売されていることが多いです。
一度お店で確認されてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ