善玉菌の働き

アレルギーの対応効果が期待できる乳酸菌

私たちの体は、多くの細胞の働きによって支えられています。
毎日健康な体で生活できているのは、免疫力が大きく関わっています。
私たちの体に何かしらのウィルスが進入すると、免疫細胞が働き私たちの体を守ってくれます。


特にその働きをしているのが、白血球の存在です。
白血球の数値が低くなってしまうと、免疫力が低下してしまいます。
すると今までは撃退していたウィルスにも感染しやすくなり、体調を壊しやすくなってしまいます。

そんな白血球の中には、Th1細胞とTh2細胞というものがあります。
この二つの細胞がアレルギーを引き起こす要因となっています。
通常はこのTh1細胞とTh2細胞のバランスがとれています。

しかし、このTh2細胞のほうが多くなってしまうと、アレルギー反応を起こしてしまいます。
よくアレルギーと聞くと時期的なものでは花粉症があげられます。
またアレルギー性皮膚炎などがあげられます。

症状によっては深刻な場合が多く、体質改善をしたいという人はとても多いです。
これらの体質改善に効果があるものとして注目されているのが乳酸菌です。
乳酸菌にはいろんな種類があります。

そのいくつかの菌が、アレルギーの改善に繋がるといわれています。
アレルギーの症状を改善するには、増加してしまうTh2細胞を減少させるかTh1細胞を増やすかのどちらかになります。
乳酸菌はTh1細胞を増やす働きがあるので、アレルギーに効果があるということが分かっています。

また同時にTh2細胞の増加を抑制する働きもあることも分かっています。
なのでアレルギー対策としてはとても効果が期待できます。
それでは具体的にどのような乳酸菌が、どのようなアレルギーに効果があるのでしょうか。

乳酸菌KW3110株は、Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える働きがあります。
なので 花粉症やアトピー性皮膚炎に効果があることがマウス実験で分かっています。

L-55乳酸菌は、花粉症の症状緩和に効果がるといわれています。
こちらもマウスでは実験済みですが、人に対してはまた研究段階です。

最後に乳酸菌L-92株はアトピー性皮膚炎に効果があります。
小児を対象にL-92株を接したところ、2ヶ月後には皮膚のかゆみやアトピーの薬が軽くなったという実験結果が出ています。
これらの乳酸菌は、サプリメントやヨーグルトやドリンクタイプとして発売されています。
毎日の生活で簡単に摂取しやすいように作られているので、アレルギー対策に乳酸菌を取り入れてみましょう。

このページの先頭へ